ヘアーバースサプリメントの効き目はいつ?

IGF-1は薄毛にいい?

IGF-1って聞いたことありますか?

 

育毛関係について調べたことがある人なら知っているかもしれません。

 

 

特に男性用の、AGA治療によく使われているものです。

 

 

正式名称は、インスリン様成長因子-1。

 

 

いろいろな組織を成長させるはたらきがあるとされています。
これが育毛jにも使えないか、と注目を浴びていました。

 

 

インスリンというと、育毛系の話よりも、血糖値を下げたりするもので、糖尿病の人たちが使っていたりするものだという認識です。

 

 

それとは別物になるのですが、形がとても近いとうことで、それが特徴となっているものです。

 

 

どういう風に育毛に良いの?

頭皮の炎症を抑える

血行をよくする

髪の成長期を長くする

毛髪のタンパク量を増やす

といったことが期待できます。

 

 

そのほか、肌の活性化によるエイジングケア、筋肉の成長、発達、骨を強化する、コラーゲンの生成を促すといったものがあります。

 

 

こうしてみると、結構いいことずくしな感じがします。

 

 

 

IGF-1を増やそう

IGF-1を増やしていくと、育毛も含めて体にいいことがわかってきました。

 

では、自分自身の中のIGF-1を増やすためにはどうすればいいのでしょう?

 

 

答えは辛いものを食べる。

 

 

というとちょっと大雑把なのですが、カプサイシンの含まれている唐辛子などを食べると、IGF-1の濃度が増えていくことがわかっています。

 

要は知覚神経を刺激すると分泌が活発になっていくのです。

 

 

それを科学的にやってしまおうというのが、クリニックでの施術です。
クリニックによって、効く効かないは別として、施術方法が違い、バラツキは出てくると思います。

 

 

 

 

 

 

 

page top