ヘアーバースサプリメントの効き目はいつ?

女性の薄毛の原因として考えられること

女性の薄毛の原因は、考えられることがいくつかあります。

 

 

女性ホルモンの減少によるもの(加齢)

 

年齢を重ねていくと、それにつれて、髪は薄くなっていきます。

 

これは女性ばかりではありませんが、髪の毛とともにハリやツヤも徐々になくなっていくのです。

 

 

毎日ブラッシングなどを行っているとわかると思いますが、
若い頃とツヤ感とかさわり心地が変わってきていると思います。

 

 

人によっては、髪の質も変化して、それに気づく人も。

 

 

これらの主な原因として考えられるのは、加齢によって起こるエストロゲンの減少によるものです。

 

これは、更年期や40代なかば以降になると極端に減っていくものなのです。
早い人では40代に入る頃には薄毛になっている人もいます。

 

 

このエストロゲンは、髪の毛の成長に大きく関わっていて、髪の毛の成長を促したり、髪の毛の成長期を長く保つ働きがあります。

 

 

エストロゲンの減少によって、髪の毛の成長期が短くなり、抜けやすくなります。
そして、薄毛の進行につながっていくのです。

 

 

女性ホルモン(エストロゲン)は、女性の周期や体つきだけでなく、髪の毛の整腸にも大きく関わっているのです。

 

 

若い頃は女性ホルモンが豊富にあるので、髪の毛の成長に関しては、全く問題なかったのに、歳を重ねていくとだんだんそうでもなくなってくるのです。

 

これが更年期に近づいていくと、顕著にわかるようになってきます。

 

 

出産による抜け毛

産後に抜け毛増えたという声もあります。

 

これが産後脱毛症、分娩後脱毛症と呼ばれるものです。
私の母親もそうで、昔よく言われました。
あなたを生んでから髪の毛が薄くなったって。

 

 

これも結局はホルモンの影響によるものだと言われています。

 

妊娠によって、女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)が増えていきます。

 

こRねいよって、成長期を維持することによとて、髪の毛は濃くなります。
更にハリやツヤをキープすることが多いです。

 

 

これとは逆に、出産したあとは女性ホルモンが減り、これによって、髪の毛が抜けていってしまうという減少が起こりやすくなるのです。

 

産後の抜け毛は、特に悩む必要がなく、自然な減少とも言われています。
産後の抜け毛の経験者は7割以上というデータも。

 

 

妊娠中は栄養が赤ちゃん優先となってしまうので、母乳に栄養が行き、母体である母親には栄養が行き渡らない場合も多々考えられます。

 

結果的に髪の毛にまで栄養が届かない、ということになり、妊娠中でキープできていた髪の状態が保てなくなるということですね。

 

それだけではなくて、赤ちゃんに24時間体制で母乳を上げる必要があるため、睡眠不足にも陥ります。

 

睡眠不足も毛髪に対してはいい影響がありません。

 

 

産後の抜け毛は、だいたいは、自然に治っていくのですが、これが治らずに薄毛のままでいることもあります。

 

これが高齢であることは、直接は関係ないとされていますが、高齢=抜け毛が増えやすく髪の毛が細くなるということから、出産との兼ね合いで悪い意味での症状効果をもたらし結果的に薄毛になるということもありえます。

 

 

 

ストレス・・・

なんでもかんでもストレスのせいにするのはどうなの?という風潮もありますし、あのマツコもそんなふうにテレビで言っていました。

 

それはそれでしょうがないと思いますが、やはり薄毛の原因として考えられるものの一つにストレスは大きな要因になると思います。

 

これは男女関係なしにそう思います。

 

ストレスを溜めると、自律神経に影響されます。

 

自律神経は、通常は副交感神経というものが有利になっていて、リラックス状態となっているのですが、
ストレスをウケることによって、交感神経が有利になり、興奮し、緊張状態が続き、血圧上昇になってしまうこともあります。

 

この状態が長く続いてしまうと、血流が悪くなってしまい、栄養が体の隅々まだ届かなくなってしまうのです。

 

当然、頭皮にも届きにくくなります。
ということは、髪の毛に栄養が行かず、結果、薄毛につながってしまうのです。

 

 

抜け毛が増えてしまい、いろいろと不安が募ることもあるかと思いますが、
この辺はスルーする心を持ったほうがいいです。

 

これをネガティブに捉えて、またストレスになってしまうと、負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

できるかぎりリラックス状態が保てるように、心がけましょう。

 

自分自身をそういった環境におくことも大事です。
何が自分にとってリラックスできるのか、あらためて見直すことも一つかと思います。

 

 

 

過度なダイエット

実は過度なダイエットだけに関わらず、ダイエット自信、頭皮にはあまり良くないという意見もあります。
これが実は若い女性に薄毛が増えている原因ともされています。

 

あまりに食事を減らしたり、すると頭髪に必要な栄養を摂取することができず、結果的に抜け毛が増え、薄毛になってしまうということです。

 

栄養という意味でいうと、偏った食事も薄毛に繋がる恐れがあります。
必要な栄養が摂れないということで、頭皮に栄養を与えることができないためです。

 

好き嫌いが多いと、薄毛になってしまうのです。
野菜やタンパク質を含めたバランスの良い食事を心がけたいですね。

 

 

毛穴の汚れ、頭皮の汚れ

不潔といったらいいすぎかもしれませんが、頭皮を清潔でない状態にしておくのは
頭髪にとってもよくありません。

 

毛穴が皮脂や汚れでふさがってしまった状態が続いてしまうと、髪の毛が育ちにくい状態といえます。

 

毎日シャンプー、というのは当たり前なことで、でも頭の洗い方が正しくないと、毛穴の汚れがしっかりと落とせていないとも言えるのです。

 

しっかりと丁寧に洗うように心がける必要があるかと思います。

 

セットするためにスプレーな、スタイリング剤、ヘアケア用品などいろいろと使っているかと思いますが、
これが汚れとなって残ってしまう恐れもあります。

 

 

生活習慣に気をつける

普段の生活習慣も気をつける必要があります。

 

思い当たるフシがないか、一度見直してみることも一つかと思います。

 

  • 睡眠不足
  • 喫煙
  • 紫外線のあびすぎ
  • 髪を引っ張るような髪型(ポニーテール)

 

 

睡眠不足

これはもう当たり前のことかもしれませんが、睡眠不足は頭皮によくありません。
忙しくて睡眠時間を削るしかない状態が続いている場合は、頭皮にとっては少々危険な状態です。
人は眠っている間に分泌される成長ホルモンが細胞の新陳代謝を活発にして、育毛活動を行うのです。
浅い睡眠や夜ふかしは、この成長ホルモンの分泌を妨げる傾向にあるのです。

 

普段の生活で、なにか時短にできるものはないか、一度見直しすることをオススメします。

 

 

 

 

ダイエットもよくない?

過度なダイエットだけかと思っていたのですが、普通にダイエットするのもそんなにオススメされていません。
若い女性なんかが薄毛になっていて困っているというブログも見かけたことありますが、
そういった人はだいたいダイエットが原因だと思います。

 

体も細いですし、がんばってSNSで成果をあっぷしていたりもするのですが、
その分頭皮に負担がかかっている感じがします。

 

ちゃんとバランスの取れた食事や運動を行っていけばダイエットしなくても適正なボディを手に入れることはできるのですが、それができなかったり、それだけで満足しなかったり。

 

結局食事を減らしてダイエットに走ってしまうパターンは、頭皮に良くないのです、

 

栄養は体の中身から吸収されていって、髪の毛や爪は最後にまわります。
正直余った部分が髪の毛や爪に行くといった感じです。

 

 

一度ダイエットを考え直してみてはいかがでしょうか。
ダイエットを取るか、薄毛を取るかという乙女にとってはちょっと難しい選択になるかもしれません。

 

無理なダイエットはやめておいて、程々にしておくのが良いと思います。
あとは適度に運動を心がけるようにしたいところです。

 

 

あとは、食べ物の好き嫌いをなくすこと。

 

偏食によって、栄養バランスが摂れず、栄養不足に陥ってしまいます。
好き嫌いが多い人は注意したいところですね。

 

 

サプリで補う場合はこちら

 

 

頭皮の毛穴の汚れ

ここも大事な部分です。
毛穴の汚れが詰まっていると、毛が生えにくい状態と言えます。

 

皮脂や汚れで毛穴がふさがってしまっていると、髪の毛もひょろひょろになったり正しく育毛ができなくなってしまいます。
自分はちゃんと洗髪をしているから、きれいに保てているでしょうって思っていて実はそんなにキレイじゃなかったなんて人意外といます。

 

一度プロにみてもらって、ヘッドスパなんかをやってみると良いと思います。

 

しかし、こちらもお金がかかってしまうということと、そんなに頻度は高くなくても良いかな、と思っています。
とにかく頭皮の毛穴はきれいな状態に保っておくことが望まれます。

 

 

 

 

 

page top